日経平均は今日も大暴落!

日経平均   20,749.75 円 ▼ 579.37 円 ≪東証一部≫ 売買高    17億4,964万株 売買代金  2兆8335億2400万円 値上り銘柄数 40 銘柄 値下り銘柄数 2,114 銘柄 騰落レシオ(25日) 58.13 % ▼ 5.38 % 為替 1ドル=105.81 円 ☆ 市況概況 ☆ 米国株安を受けて大幅下落  毎日上げ下げが激しく右往左往する展開になっています。米国株が大きく下 落、為替も円高に振れたことから売り先行となりました。意外にしっかりとし て21,000円を保って寄り付きいったん戻りかけたのですが、すぐに売り直され るとその後は買い気に乏しくじり安となりました。  昼の時間帯にはいったん下値を試したものの買戻しも入り、後場に入ると日 銀買い期待から若干戻し気味となる場面もありました。一方で、売り急ぐ動き も見られ前場の安値を割り込む場面もありましたが、総じてみると小動きであ り、最後は買戻しもあって下げ幅縮小となりました。  小型銘柄も売り先行となったあと手仕舞い売りに押されてじり安となりまし た。東証マザーズ指数や二部株指数、日経ジャスダック平均と揃って大幅安と なりました。先物もまとまった売り買いが特に見られたということでもなく、 買い気に乏しい中で売りが優勢という感じでした。  米国株との連動性が薄れていると思ったのですが、今度は米国株安を受けて 売られました。特に新型コロナウイルスの感染拡大が大きく取りざたされてい るということでもないのですが、新型コロナウイルス一色となっているニュー スに触発されていったん売られると円高となったこともあって一気に売られる ということでしょう。 ☆ テクニカル分析 ☆ 日経平均 中途半端な位置で下ひげ線となりました。孕み足と同じような意味で、この底 値圏での保ち合いをどちらに抜けるかということになりそうです。 ☆ 本間宗久相場三昧伝 ☆ 新型コロナウイルスの感染拡大が株安を引き起こして「リーマンショック級」 の大変なことだということが言われていますが、当時と比べると「リスク」や 「信用供与」という観点で見ると大きな違いもあり、お金がなくなったわけで もないのですから、金融不安にはつながらないと思います。 そして金融不安につながらないとなると(お金はたくさんあるのですから)次 第に「買える株」から買うようになって、底入れ反転となるものと思います。 感染拡大が止まるということが必要なのかもしれませんが、「お金の流れ」を 考えると「フリーズ」しているだけなので動き出すのは時間の問題ということ でしょう。 株を売っている人がいるとすれば、そのお金がどこに行っているのか?という ことが問題になります。この期に及んで売っている人というのは株を持ってい られない人であり、株を売って現金化する、そして貯金するということになる のでしょうか? ということでもなく、案外売っている人が「空売り」が多いのだとすると、い ったん下げ止まると一気に買い戻されるということになり、戻り過程で空売り が増えれば、さらに戻すということになるのでしょう。ここから空売りが積み 上がってくるのかどうか、注目されます。 ☆ ≪アルゴ倶楽部≫会員 募集中!!☆ ≪アルゴ倶楽部≫会員 現在募集中です!! ≪アルゴ倶楽部≫・・・投資戦略会議やテクニカルクラスなどがございます。 詳細はご連絡ください。

7回の閲覧

Visit

東京都中央区日本橋茅場町 1-9-2 稲村ビル4F19

Call

T: 03-6661-9740
 

  • facebook
  • Twitter Clean

© 2013 by ArgoNaivs corporation All rights reserved